ゴルフスイングとりわけ、ドライバーショットに関心のある方にご覧いただければと思います。

ドライバーのメカニズム

ドライバーの一番の特徴は、ゴルフスイングでのインパクトのポジションにあります。ドライバーショット以外のテーマについては、ゴルフスイングの基本・最前線を参考にしてください。おすすめできます。

他のゴルフクラブ、例えばアイアンやウェッジならば、自然なスイングならば、しなったシャフトが元に戻って、外側に開いたクラブフェースがストレートに戻ってくる地点は、ゴルフスイングの最下点です。しかしドライバーでは、それが最下点を通過した後の地点になるのです。

これはゴルフクラブの特性のせいでインパクトの位置がズレているため、ドライバーはティアップしたほうがスイングが楽にできるような設計になっています。これと関連して注意が必要なのが、アドレスでのボールをセットする位置です。

アイアンなどでは、からだのほぼセンターにボールをセットして構えているのが普通です。しかしドライバーでは、その位置から少し左寄りの場所にボールをセットしなければいけません。

クラブが上がり始めたポイントでヒットするわけですから、ボールを上から打ち込んでしまえば、ティーアップしたことが無意味になります。ボールをよく見過ぎて打つクセの強いゴルファーは、注意しましょう。

ドライバーのインパクト

ドライバーのインパクトの位置は最下点を少しすぎたところです。クラブが上がっていくタイミングで、クラブフェースが正面を向きます。そのためボールのセット位置は、アイアンに比べて、やや前方になるのが一般的なのです。

しなりのしくみ

ドライバーショットでは腕力や腰の回転速度で飛距離を伸ばそうとしても難しい事です。たとえボールにうまく当たったとしても、まっすぐ飛んでくれる確率は低いでしょう。そんなスイングをするよりもクラブやシャフトの性能をフルに活かしきるゴルフスイングをするだけで、思った以上にボールを遠くまで運べるのです。クラブを信じて、シャフトのしなりでボールを飛ばすイメージを持ちましょう。

腕に力が入るとよくない

腕にパワーが入りすぎたり、身体の回転運動にスイングが追いついてこなかったりすれば、シャフトがしなり過ぎになります、これではクラブフェースが戻りきらない状態でボールに当たって、ミスショットにつながってしまうでしょう。